アルシオン-プレヤデス

現在私達が経験している医療危機において、ロックダウンと時を同じくするUFOの目撃の増加が起こっている。実際、人々は眠っており、上空からたえず監視されていることに全く気付いていない。というのも、人類の行く末は全面的に、その生きる深刻な状態に私達がどう対処するか次第であるためだ。おそらくはそれゆえ、光の存在は、ある正確な時に出現しているか、あるいは最近見られたように宇宙ステーションの近くに現れているのだ。
カール・セーガンやエーリッヒ・フォン・デニケンのような作家による無数の証言が存在しており、彼らは古代におけるUFOの目撃や、またトゥリ・パピルスのようなエジプトの古代の文献の叙述、あるいは古代インドの文献のバガヴァッド・ギータやドローナの巻、もしくは天上の存在の間の戦いや空飛ぶ船のことを伝える北欧文化の物語について、描写している。またアレキサンダー大王の時代やローマ時代、中世などにおいても、奇妙なコスモスの現象の描写が無数に存在する。
同じく、戦争や、また何世紀もの間、ヨーロッパや世界で人類を襲った無数のペストおよび感染症と関連した目撃についての挿絵や写本が残っている。中でも有名な目撃は、カール大帝のものや、1561年のニュルンベルク上空の戦いなどだ。同様に、中国や日本の歴史家も、無数の民衆が目撃し、大きな災厄と関連付けられた空飛ぶ機械について叙述している。
現在私達を襲うウイルスのパンデミックによる感染者や死亡の増加と一致して、世界中でUFOの目撃が増大しているのは、偶然なのか?目覚め、闇と対峙する緊急の必要性を示しているのか?闇は、何としても私達を絶滅させようとするのみであり、このことは、有害なHAARPや地球工学、ブルービーム、その他多くの宇宙に関する秘密プログラムといった、エリートの大量殺戮計画に見て取れる。
実際のところ、多くの者が信じなくとも、私達は、闇やそのロボット的な技術と、そして神が私達を創造された通りの、独自の決断と価値を持った、感じ、考える人間である権利との間の、心理、精神、道徳面の第三次世界大戦のさ中にいる。その隷属を回避するためには、場を明らかにし、この最後の救済活動において、より責任感を持つ以外に選択肢はない。というのも、真の自由を手にするための決断は、私達の手にあるからだ。ましてや、天を仰ぎ、星々を観察することに、より注意を払う時間がたっぷりある今や、なおさらだ。

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、三部構成になっています***

私達が銀河の中心に近づけば近づくほど、誰もが定義するエネルギーの影響を受けるが、また地球-宇宙の時間と共に、前代未聞の周波数およびシューマン共振に地球が再適合し、再調整される時まで、より大きな不都合や、地球規模-地政学的-心理社会的といった、強烈なカオス-惨状を経験しなければならないだろう。
シューマン共振もしくは地球の鼓動は、穏やかに、ただし継続して減退し続けている磁場だと知るのは、重要だ。これは地球の磁極の反転、もしくは途方もない規模の次元の量子的飛躍と関係している。
これより、心理-肉体の目覚めが、大いに活発化するだろう。光の下に庇護されている者達にとっても、また闇を崇拝する者達にとっても。だが全ては不確かである。というのも、相反するこの二つのエネルギーのどちらがより力を持つのか、分からないからだ。
ではこのことは、支配者であるエリートに未来を投影して見せていたが、偶然にも2012年末よりもはや機能していない、ルッキンググラス-イエローキューブと、どんな関係があるのか?加えて、なぜ帝国主義は、地球全域で新たな次元間の扉を探しているのか?

ビデオ制作 アルシオン
www.alcyonpleyades.com

闇のエリートのアジェンダや医療の暴虐が、同様か、よりひどくなって続いていると言わなければならず、このことは、誰もが同じアジェンダに則って動いていると知っているなら、驚きではない。そこには、全世界の共通の利益のための運営と謳うものをもって、世界の指導者達が国際関係や国の経済、新たなビジネスモデルを改編し、計画されたディストピア的な規範が、自由な社会に取って代わるように、闇の狡猾な勢力によって、かねてより練り上げられた陰謀が存在する。
これは私達が食べるものや、どこに仕事に行き得るのかを含め、生活のあらゆる側面をコントロールすることであり、大量の失業や、また中小企業の破産、世界的な経済破綻によって引き起こされた貧困や極貧の増大を達成しつつある。その一方で、世界権力の主は豊かになり続けている。だからこそ、私達は真実に目を開くべきなのだ。
それだけでなく、さらに監視社会を樹立したがっており、デジタル健康パスポートを課し、そうして実験的なmRNAワクチンの接種を強制しようとしている。このワクチンは、大量の死者や、その他のマイナスの、長期的な副反応を生んでいる。世界中の医師や専門家の告発にも関わらず、政府による医療の暴虐の措置を支持しない異論をかたくなに禁じて、表現の自由を廃止しようと模索している。その唯一の目的は、この人種が完全に尽きるまで、滅ぼすことだ。
この理由から、取り返しがつかなくなる前に、私達は快適さや無関心、受動性を脱して、馬鹿げた措置に対する不満を公に表現するべきだ。なぜなら傀儡政府の医療の暴虐が、その世界的大虐殺の計画を止まることなく進めているからで、拒否を伝えるための全般的な動員、および光に反する闇の者達がこの無防備な人類に行っている悪行と戦うことが、急を要するからだ。

提供:アルシオン・プレヤデス

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは二部構成になっています***

私達は、人類にワクチンの接種を強制するための虚偽、医療テロのペテンに直面している。これは、世界の人口を削減する目的で、世界の最も強力なエリート達の手で綿密に計画された、体系的な絶滅に他ならない。それゆえ緊急の目覚めが必要だ。なぜなら私達が無意識のままであり続けるなら、彼らが課そうとしている操作や医療テロから抜け出すことはできないからだ。
子供達の健康を損ない、精神や感情のバランスを崩させているマスクの使用にせよ、ロックダウンとそれに伴う物理的な隔離の強制にせよ、正当な理由がない上に、私達の自由という人権の明らかな侵害を意味する。また私達に接種させたがっている有害なワクチンは、実験的なものであり、その有効性や安全性が証明されていない。というのも、死者や副反応による被害者が増大し続けているからだ。
それゆえ、その有害なリスクについて警告する、世界中で10万人以上の医師や科学者、ウイルス学者、生物学者、精神科医、免疫学者、細菌学者、遺伝学者、疫学者、様々な医療関係者が存在する。私達の権利に反するより厳しい制限措置を採るべく、扇動主義や操作、恐れに基づく強制や、情報の流布に対し、抗議する弁護士や法律委員会、裁判所も存在する。
深刻な精神および肉体、経済、社会的な被害をもたらす、それらの措置の目的は、アジェンダ21ないしはグレート・リセットを導入するための、人類の絶滅や人口削減である。そうして全体主義の国家を課すためだ。エリートはそれをもって、新世界秩序の導入を望んでいる。
これよりなぜ今まで以上に、決然とした揺るぎない抵抗が急を要するのかや、デモをやめないという緊急の必要性について、理解できる。そうして私達が自由な民主主義の社会であり、意見する権利をもっており、私達はワクチンに反対していると表明するためだ。

提供:アルシオン・プレヤデス

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、二部構成になっています***

エリートに身売りした傀儡政府は、彼らがこの文明を終わらせるために行っている全てが、途方もなく困難になりつつあると知るべきだ。というのも、恐れの集団ヒステリーや経済的、心理的不安定さを生むことしかしてこなかった偽の医療崩壊や、全く事実でない架空のパンデミックに対し、次第により多くの人々が、目覚めつつあるためだ。
またこの非現実性において、安全でも有効でもない実験的ワクチンのリスクが存在する。それが、人口削減の道具として私達に課されており、また医療の暴虐に身売りしていない全世界の大勢の医師、遺伝子学者、ウイルス専門家、免疫学者らが告発しているように、強烈な自己免疫疾患や臓器不全、DNAの変化、大量の死をもたらし得る上に、私達を多国籍医療会社の所有物と化し、私達を内面の原則も価値もない自動人形・ロボットとするためのナノ粒子が含まれている。
それゆえ目覚めつつある多くの人々がワクチン接種を拒んでおり、私達に強いられている馬鹿げた措置を告発し、彼らの渇望する人類の大量殺戮を避けるべく、市民の蜂起を求め始めている。だが全ての人の助けにより、彼らは大量殺戮を達成しないだろう。なぜなら、私達の人間としての自由がかかっており、無知や偽りに対して闘い、事実に基づいた正しい科学的な論拠をもって、私達の権利が認められ、光が闇に対して勝利を達成するまで、デモや抗議を行うことが、肝要であるからだ。

提供:アルシオン・プレヤデス

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、2部に分かれています***

何ら致命的でないウイルスによる二度目のロックダウンを私達が経験する一方で、無数の人々が心理的に影響を受け、何百万もの人が、不確かさや恐れの増大と共に、厳しい経済的苦境に見舞われている。そこでは自由が奪われ、説き伏せ、丸め込み、執拗な形で、フェイクニュースの拡散をもたらしている。
また隷属的かつ従順な奴隷の新たなモラルを生み出していく、そのペテンにおいては、Covidによる死者数の水増しされたデータや、長期間のマスク使用の危険性の隠蔽、ないしは子供達に想定される害が存在し、そうして市民の尊厳や清廉さを脅かしている。
では恐れのパンデミックや、不安、うつ病、心気症、苦悩の増大についてや、また終わりのない健康危機の結果として増えており、メディアやテレビによって助長される、無数の症候群や神経障害については、何が言えるだろうか?可能な限り長い時間ロックダウンや自宅軟禁を維持することは、経済が悪化するのを目の当たりにすることによって、人々をひどく怯えさせ、怒らせ、不安にさせる。多くの者が、進んでワクチンを受けようとしているが、背後にある事実を知らずにいる。また世界を統治するサイコパスで小児性愛者、悪魔崇拝者のエリートの目的は、さらなるカオスや痛み、苦しみを至る所に生み出すことである。それゆえ、決意をもって団結するための土台として、感情的な賢さを伴う識別や認識の能力がある。なぜなら、人々はロックダウンや失業、不安定さに極めてうんざりしているからだ。しかしながら、政府は住民の疲弊をよそに、聞こえないふりをしている。実際に必要なのは、支援である。というのも、私達の行く末がかかっているからだ。彼らのアジェンダは、すべての人にワクチンを打ち、私達を感情や分別、魂・意識のないロボット的なゾンビと化すことである。では現在選ばれたアメリカの大統領で、小児性愛の傾向を持つ、悪魔崇拝のジョー・バイデンについては何が言えるだろうか?世界で最も強大な国で当選した新大統領のアジェンダとは何か?

提供:アルシオン・プレヤデス

疑いなく、悠久のインド文化は、驚くべき技術、建築面の完璧さをもって築かれた無数の建造物・町を通して、かつての偉大さの脅威を私たちに示している。その多くが、神々自体や、あるいはクリシュナ神の黄金の都ドワールカーなどの町の建築者、ヴィシュヴァカルマンといった賢明な建築者によって建築された。実際、ブラフマ神、ヴィシュヌ神、シヴァ神のトリムルティの神々は、それぞれの伴侶と共に、宇宙の存在における根本的な力を表す。マハーバーラタやスカンダ・プラーナ、ラーマーヤナ、バガヴァッド・ギーター、リグ・ヴェーダ、その他多くのヴェーダ・バラモン教の文献で明らかにされたところによると、これらの神々は肉体を持って実在し、人間と共に生きていた。
驚異的な技術や建築を伴うこれらの謎においては、ひと続きの岩山から掘り出された神秘的なカイラーサ寺院、コナーラクの太陽神殿、古いラマッパ寺院、ワランガル砦が存在しており、その並外れたサイズや他の多くのことから、いかにして建築し、何の用途があったのか、今日まで誰も説明できずにいる。
同じく、デーヴァは、ヴィマナとして知られる強大な移動式宮殿によって移動していたと、記録されている。これは、空中のみならず、宇宙にも行くことができた、まさに空飛ぶ船であった。もしかして、古代には、惑星間旅行を可能にしていた、進歩した技術を有していたのか、あるいは時間旅行さえ知っていたのだろうか?では、アストラとして知られる強力な武器については、何が言えるだろうか?これは、魔族アスラと闘うために神々が使用したものだ。では、闇に対する光の勝利を祝うディワーリーのような文化的、宇宙的および文化的な伝統と、プレアデスないしはクリティカの七姉妹とのつながりについては?
疑いなく、古代のインド文明は、前例のない技術および形而上学、宇宙発生論、科学の叡智や知識の深い内容を有していたが、その価値は認められず、さらには隠そうとさえされてきた。
だがそれだけでなく、インドの古代の文献は、それらの時代にあり得るとは私達が思いもしないような、古代の核によるひどい大量殺戮の描写に満ちている。
マハーバーラタで語られているように、パーンダヴァの一族と、カウラヴァ一族の間のクルクシェートラの戦いがあった。都市や国家を完全に滅ぼした恐ろしい戦いであり、それには、現在知られていない多数の空飛ぶ船や魔法の武器が関与していた。本当に、古代に核兵器が存在していたのか?古代インドの、この途方もない文化は、どのような神秘を秘めているのか?
提供:アルシオン・プレヤデス

疑いなくハリウッドは、その起源より常に、特別な魅力を持つ傑出した魔法の地であった。だが、ハリウッドの業界には、かねてより操作とコントロールのアジェンダがあることが、よく知られており、加えて映画による宣伝部門と化している。また悪魔崇拝のエリートは、一世紀以上に渡り、カメラの背後に強欲や堕落、作り話、オーバードーズ、スキャンダル、性的虐待、さらにはこの上なく邪悪な悪魔主義が存在する映画を介して、その世界の歪んだ見方を私達に押しつけようと企ててきた。
決定的にハリウッドは、常に信じられてきたような憧れと魅惑の場所ではなく、実際は儀式や悪魔、ソドミーの地であり、そこでは多くの女優や男優達がだまされて、特にその初期において、「枕営業」の被害に遭ってきた。彼らは何らかの役柄に選ばれることと引き換えに、プロデューサーや監督から性的な接待を要求されるのだ。ボリウッドでも、インド映画の闇の世界の幹部として働く性的虐待者らについての大規模な暴露が生じてきた。その中で様々な女優が、性犯罪者を告発し始めている。
だがこれは映画産業のみならず、周知のように、ヨーロッパは常に小児性愛の天国であり、地球を支配する古代の貴族の家系の故郷であった。彼らは、悪魔崇拝と結びついた儀式を通して、若者のエネルギーや血から寄生的に糧を得ている。では、性犯罪者ジェフリー・エプスタインと、ロリータ・エキスプレスおよび乱交の島の客である、その政治家や有名人、億万長者とのつながりについては、何が言えるだろうか?
また、小児性愛や悪魔崇拝、ソドミー、吸血行為、幼児虐待の儀式、最悪の種類のあらゆる腐敗をコントロールしており、とりわけ子供に大きな被害をもたらしている権力構造については、どうだろうか?血の儀式や児童虐待を介して得られるアドレノクロム、ないしはアドレナリンを含む血液については?それを多くの名高いセレブが、麻薬のように用いてきた。実際、邪悪な悪魔崇拝者である闇のエリートの目的は、この不快な人類を緊急に滅ぼすことだと、認識するべきだ。

提供:アルシオン・プレヤデス

迫り来る過酷な地質学上の出来事に関し、私達の惑星において日々感じられる、この絶え間ない圧力と懸念について続けるが、これほど多くの宇宙の現象は、はたして偶然なのか?この2016年の間、謎めいた無数の宇宙の出来事を伴って、私達の地球に何が起こっているのか?
彗星に加えて、食やスーパームーン、極めて近い日付での惑星の整列、アステロイド、地球をかすめる隕石、他にも何ら普通ではないコスモス-宇宙の現象が際立っている。しかしながら、それらは深刻な危険を生むにもかかわらず、公式にはあまり重要視されていない。
これは日増しに弱まっている「バンアレン」の保護層に影響を及ばすのだろうか?さらには、国際宇宙ステーションでも危険を誘発している、無数の宇宙ゴミの残骸も存在する。
では生命にとって、私達の保護の盾のこの衰弱は、地球外からやってくる、強大なエネルギー領域によって引き起こされているのだろうか?そして、国際宇宙ステーションも、同じく地球をも脅かしているのか?
私達が銀河の中心に近づく中、ましてや太陽系全体がアステロイドの多い領域に入っている今、はたして私達は身を守ることができ、各国政府はより大きな不幸を避け得るために何かを行うだろうか?
では全く止まることのない、この世界的に深刻な状況に対し、私達は何をすべきなのか? 唯一残されているのは、より建設的でポジティブな行動をとり、帳消しにするよう試みることだ。というのも、存在する全ては、エネルギー-振動-周波数によって活性化されるからだ。

人間でない知的存在によって作られたアジェンダが存在しており、それはUFOの巨大な秘密艦隊を有する地球外の軍産複合体と連携して、世界規模の偽のエイリアンによる侵略を生み出す準備をするためだと伝えることが重要だ。ブルービーム計画として知られるこの虚偽のエイリアンによる侵略の作戦については、長年、新世界秩序に関する無数の作家達が言及してきた。これは空想科学小説ではなく、現在見られるようなサイコパスのエリートの計画の一端を担っており、歴史上多くの瞬間に起きた、偽旗の痛ましい別の災害で見られたように、かねてより人類に対して準備されてきた。そして私達がそれを回避するために何もできないままに、私達を統治する帝国のエリートにとって有利になるよう、出来事の流れが修正されてきたのだ。
例えば、ルシタニア号の沈没や真珠湾攻撃、ニューヨークの停電、コンコルド、さらに9.11テロやその他多くが、介入ないしはより支配し、民衆に恐れを植えつけるための正当化に役立ってきた。
大衆を操作するサイコパスによるこれらのひどい害と、エイリアンの侵略の脅威という偽旗の出来事を人類に対し引き起こすその緊急の必要性とは別に、また星の存在達もあり、彼らは人類を助けようと模索している。彼らは多くの時にそうしてきたし、歴史を通して記録される証言も残している。
だが、混乱させられてはならない。というのも、具現化し始めている途方もない多くの事象が存在するからだ。もしかして、これらの奇跡の全てが、人類に変化をもたらす状態を生むための大規模なショーの一端であり、その中で、高等なエネルギーが作用していると信じさせるが、それはブルービーム計画の一端であり、同時に、新たな宗教や偽りのメシアをもってNWOを据えるべく、現在のホログラム技術が、世界的な洗脳という任務を果たすのか?
提供:アルシオン・プレヤデス

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、三部に分かれています***

科学者や分子生物学者、遺伝学者らの説明によると、公式の科学が知らせる無益なジャンクDNAは、そもそも地球外に由来するDNAであるという。さらには、不当にもジャンクDNAと呼ばれるものの中には、コード化された、ないしは暗号化された百科事典に類似した生命の書、もしくは糸を備えていることを立証した。これは、私達の体内のゲノムに、全く無駄なものはないことを示している。ジャンクDNAとして知られていたものは、実際には有益かつ重要な情報であり、そこでは多次元の存在が、ヒトの遺伝子に光の複雑なコードを織りなしていることを、生物医学の研究者達は見出した。また人体の細胞や器官、その他の組織の動きを調整する重大な役割を果たしている。というのも実際これは、遺伝子の活動を調整する数百万のスイッチを持つ素晴らしい制御盤であり、それらなしでは、遺伝性もしくは遺伝因子、自己免疫の疾患が現れ得るためだ。
他方、科学者の間で日増しに確固たる論拠となっている、知性ある創造の設計が存在しており、全く新しいタイプの医療の明白な証拠がある。それにより、個々の遺伝子の切断も入れ替えもせず、DNAが言葉や周波数の影響を受け、再プログラミングされ得る。
惑星Xのニビル人・アヌンナキによって為された、12本の星の鎖からなる私達のDNAの不当な略奪により、松果体や下垂体のような内分泌腺を発達させていた、私達の霊的および超感覚的な能力を失ったと、理解するのが重要だ。同時に私達の美徳を奪い、私達を隷属させるエゴ・瘴気の遺産をもたらした。なぜなら彼らは、感情や苦悩、恐れを利用する術を熟知しているからで、その操作によって大衆を支配できるからだ。それはちょうど、彼らいわく私達の安全のために、誰も命令に背くべきでないとして、この致命的でないウイルスをもって大衆に行っている通りである。
提供:アルシオン・プレヤデス

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三部に分かれています***

現在私達は、ひどい地球規模の好戦的な危険のある時を迎えている。一方では、地球が銀河の中心に近づくことにより、光子のエネルギーが途方もなく増大してきた。このことが、大いなる恩恵をもたらし、同じく多くの人々にDNAの変異の大変な加速を生んでいる。だが、はたして私達は、私達を真の進化へと向かわせる、変異をもたらす本当の変化に向かって準備しているだろうか?それとも、憶測をめぐらし、理論化し、何も起こらないと考え続けており、その一方で地球と太陽系は、完全な変化を経験しており、宇宙的な高周波電磁気の膨大な粒子の影響を、たえず受けているのか?
他方、信じがたいことに、時間は私達の目の前で、途方もない形で削減されつつある。
同様に、誰もが例外なく、絶え間ない時間と空間の修正、感じ取れず、目に見えないけれども、私達をより素早くさせるものにさらされている。
なぜ1日は、今や常にそうだったように24時間ではなく、16時間のように思えるのか?
時間は短くなっている、あるいは消滅しつつあり、その代わりにただ一つの真空の空間を伴う、円形のひだを残していることに、もしかして私達は気づいていないのだろうか?
だが、より軽い、エーテルの星の領域に全ての人類と地球が入っていく中で、日増しに容赦ない形で加速する、その時空間の変化に、はたして私達は耐えられるだろうか?あるいは私達のDNAの遺伝的向上のために光子のエネルギーを変化することを知らない、ひどい無能さゆえに、至る所でエゴや、同じく残酷さをあらわにし続けるのか?

ビデオ制作:アルシオン

このドキュメンタリーでは、私達の衛星、月を取り巻く謎、月がいかに私達の生活や振る舞い、全ての人々の心理に影響を及ぼしているのかに関して研究していこう。同様に、いつもの慣例的なものとは極めて異なる朔望月(さくぼうげつ)が見られたこと、一方では血の色の月、他方では2016年の11月に出現したような、スーパームーンと呼ばれるものがあった。これらは、地球の様々な場所での地震や火山の噴火、洪水のまれにみる増加と奇妙にも一致したのである。
もしかして、月がはるかに地球に近づいていることにより、地球規模で非常に重たいエネルギーを行使しているのみならず、それが誘導されることで、予期せぬひそかな変化を人間にも誘発し得るのだろうか?無数の人々が、地球における、また宇宙自体からの、奇妙な影響の被害を受けており、これははるかいにしえの時代に由来するのか?
だがなぜ私達の衛星である月において、これらの宇宙に関する、並外れた出来事が起こっているのか?もしかしてその地下には基地が存在しているのか?それともこのこと全ては、そこに住む遠い天体から来た存在達と共に、はるか昔から設置されている宇宙ステーションの一端を成しており、そしてこの事実こそ、陰の政府が極めて巧妙に隠してきたことなのか?というのも、実際それらの中に、ミラブ計画やソーラー・ワーデンが存在するからだ。
他方、はたして人類は月に行ったのか、それとも全ては大衆を欺くための大芝居だったのか?
もしかして、アポロ11号は決して月に到達しておらず、離陸すらしていなかったのか?そして全ては、地球上でのひどいねつ造であり、特別な舞台セットで撮影されたのか?ではなぜ、これほどの秘密主義と隠ぺいがあり、ねつ造された月への最初の旅について、今まで明らかにされなかったのか?

ビデオ制作:アルシオン

ない洗脳を介して世界中を完全な警戒態勢にさせる、最も強力な武器と化している。その一方で私達から自由を奪っており、そのために情報メディアやSNS等が用いられている。この全ては、インフルエンザに類似したウイルスによるものであり、これは医師や科学者500人以上が知らせているように、ごく簡単に治せるのだ。それゆえ、私達に強いる日増しに抑圧的になる措置に対する増大する抗議や、反対姿勢を生んでいる。たとえ信じがたくても、これは世界的な人口削減のアジェンダの一端なのだ。あらゆる国で設置されている5Gの電磁周波数のアンテナも同様であり、これらは人工知能とつながっている一方で、あらゆる種類の病気を伴って、私達の健康を悪化させていく。というのも、この技術は、人間ではなく、機械専用に開発されたからだ。
実際、宇宙を満たすエネルギーは、ゼロ点の放射のエネルギーである。これは、もし人類に提供されたなら、うまく活用され得る。だが、意図的に隠匿されてきたのであり、20世紀の初頭に天才ニコラ・テスラがこれを発見した時には、その発明すべては人類のためであったが、攻撃され、名誉を傷つけられた。そして、この強力な無限のエネルギーのお陰で、それを知っていた古代の偉大な民族が、その素晴らしい寺院や都市を創造した。そして、ヴェーダのバウマストラやヴィマナ、エジプトのデンデラのランプ、謎めいた契約の箱といった、またギリシャのテトラスケリオンやマーキュリーの強力なケーリュケーオン、ゼウスの稲妻等、多くの文化でその証拠が残っている。もしかして、それら全ては強力なトロイダルエネルギー場を投影していた、エネルギーの誘導ないしは増幅器だったのか?
では、科学や技術に多くの進歩をもたらし、無料で無限のフリーエネルギーの可能性を示した後に、見捨てられて死ぬなど、偉大な発明家ニコラ・テスラの犯した罪は、一体どこにあるのか?これに対し、現在私達に5Gをもって課そうとしているのは、有害で時代遅れの技術である。5Gのマイクロ波・ミリ波の有害で浸透する電磁波で地球を包む際、ごく間もなく私達を待ち受ける結果はどのようなものだろうか。
制作:アルシオン・プレヤデス

今やかつてない程に、私達は世界的に全く不確かな時代を迎えており、今なお世界権力を掌握している者達がこの人類に行おうとしている手順を知らず、メディアの誤情報といった多くの理由から、非人間化させるための、彼らの裏のある不適切な意図を判っていない。
その中には、よりたやすくコントロールするために人間をロボット化するという目的を伴う無数の事実がある。ハアプやスーラ、ELF波、GWEN通信塔、ケムトレイル、フラッキング、スカラー波、ソニックブーム、精神工学兵器については、何が言えるだろうか?これらは数年前から大部分の人の行動と人間関係に、深刻な害を及ぼしている。それらはどのような具体的な目的をもって、作られたのか?
さらにMKウルトラやモナーク、モントーク、ブルーバード、ヒューマンブレイン、マネキンのような途方もなく有害な、秘密のプログラム、実験、計画が、軍人やセレブ、そして催眠術をもって非常にコントロールしやすい若者に向けられている。それらを通して大衆や、さらにはその統治者自体も操るのだ。彼らが自分はプログラミングや実験にかけられたと心理的なレベルで気づくことは、ほとんど無理である。
マインドコントロールや、エシュロンやフェニックス・プログラム、CERN計画、ワールド・オブ・ウォークラフト、セカンドライフのような諜報目的の身の毛もよだつ非人間化させる計画の全ては、私達に自らのアイデンティティーや、残されたわずかな価値感、心もとない権利や自由、同じく表現の自由や自由意思を喪失させる目的を持つ。
普通の人は、背後にあることを全く知らず、目に見える政府や、また同様に暗い、知られていない目に見えない政府に、密かに操られていることに、はたして気づくだろうか。

はたして私達の魂・意識は本当に不死であり、何度もこの地上の舞台へと戻ってくるのか?それとも私達は単なる肉体に過ぎず、死んだら腐敗し、灰と化すのみなのか?
輪廻転生は、人生のたびに進化できるための恩寵だと古代の賢者達は述べている。私達の肉体は、何世紀にも渡り、多くの民族や文化を通して、たくさんの転生において私達の不死の魂・意識を入れるために作られた器にすぎないことが、確認されており、長寿や輪廻転生について示唆している。
同様に、各人生における前向きの進歩という唯一の目的で、全ての人に提供された能力は、歴史上常に存在していたし、多くの文化がこれを普通のこととみなしていた。さらには現代においてもまた、これを経験し、それについて明白な証言をしている人々もいる。たとえばグレン・フォードやパットン将軍がその例である。では、ちょうどその間に100年の隔たりを持つ、リンカーン大統領とケネディ大統領の生涯と死にまつわる謎めいた一致については、何が言えるだろうか?
だがなぜ、生まれ変わりや転生、もしくは魂の移住についてのあらゆることが、深刻な罪、異端と考えられるようになったのか?もしかして、これらの聖職者階級による法令は、ひどい隠ぺいであり、このために、魂は不滅だということに対する懐疑主義や不信感が世界中で力をつけたのだろうか?
たとえ科学のみが、合成技術やトランスヒューマニズムを介して、寿命を延ばすことに支配権を持つと、物質主義の教義が私達に信じさせようとしていても、疑いなく、実際には言われている通りではない。というのもそれは、変性したDNAをもって人工的な生命を作ることに過ぎないからだ。なぜならまだ多くの者が有する魂・意識は、いかなる高度な機械とも取り替えることはできないからだ。だが、現代の科学者らがこれ程までに専念している、この遺伝的手法の中心目的は何か?

ビデオ制作:アルシオン

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三部に分かれています***
現代において中国は、新シルクロードや深層国家の指令を介したグローバル化のモデルに従って、分かりにくい物言わぬ形ながら、大量消費や共産主義、無神論に基づく帝国主義の技巧をもって、絶え間ない世界的な支配の固有の手法を押し付けてきた。というのも、その真の意図は、中国共産党による明白なリーダーシップの下で、世界のグローバル化を達成し、中国を世界最高の大国とすることであるからだ。
そのために、経済力や欧米市場へのアクセス、そして人口の増加を利用しており、世界の糸を操る国々の一つになろうとしている。もしかして中国は、安い労働力や、鉄道、道路、エネルギー施設、電気通信網、5Gといった約束と共に、無数の融資を行って、惑星の大部分を掌握しつつあるのか?同じく、ヨーロッパや世界であらゆる種類の企業に投資し、土地や鉱山、空港、さらには国々までも買収している。実際のところ、中国は、億万長者の共産主義の政治家が最も多い国であり、富二代として知られる裕福な子供達の新たな世代がいる。では、キッシンジャーやロックフェラー家やロスチャイルド家、また無数の経済・貿易の合意を介しての、アメリカと中国の緊密な結びつきについては、何が言えるだろうか?もしかして、影の政府を介して、地球を統治する新たな帝国に中国がなるようにという、欧米から中国への権力の譲渡なのか?
他方、政治犯や宗教運動法輪功のメンバーの強制的な臓器の摘出の背後に中国政府がいるとう訴えについては、何が言えるだろうか?宗教運動に対する迫害については、法王あるいはダライ・ラマの沈黙を前に、キリスト教の教会が閉鎖され、同じく仏教寺院が破壊された。もしかして、物質主義の無神論を、信仰や精神性を破壊し、宗教を抑圧するための武器として用いているのか?その一方で、私達をよりロボット化、奴隷化し、人工知能の新たな宗教を課そうとしている。

提供:アルシオン・プレヤデス

人類に対して権力の主達が行ってきた、様々な陰謀について続けるが、知られているテロリスト達や、影にいる者達が狡猾にも計画した、恐怖と恐れの時代を誘発した具体的な事例が存在する。
実際、何年も経過したが、それでも全てがしっかりと沈黙を守ったままである…私達はこのドキュメンタリーにおいて、できる限りの証拠の全てを示したいと思う。そして各自が、その過酷な出来事を検証できるように。というのも、これら権謀策術のテロ行為は、減少するどころか、止むことなく起こり続けているからだ。
だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは何かがうまくいっていないのか?そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪のない民衆であることだ。
何人もが卑怯にも帝国に暗殺されたのであり、その原因は、彼らが知りすぎたためで、それゆえあらゆる陰謀や偽りに反対したことにある。このようにして、ニューヨークのツインタワーの崩壊についての全ての真実に蓋をすることができたのだ。とはいえ、何人もの活動家がこのことを報告してきたし、アメリカ政府と
サウジアラビア政府が関与していた、まさに偽旗のテロ攻撃であったことが、はっきりと証明されてもいる。
もしかしてツインタワーの破壊は、2001年9月11日に実行されるよう十分に計算されていたのか?
だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは何かがうまくいっていないのか?そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪のない民衆であることだ。

ビデオ制作 アルシオン

全人類を病気にさせ、ロボット化し、削減するという唯一の目的で、彼らが密かに私達にもたらしている数え切れない被害が存在する。それらは、血液に入って治療できない病気を生み出しつつあるアルミのナノロボットや、化学物質に満ちた散布を行う航空機やドローンを介して、地球工学によって引き起こされている。あるいは、私達を病気にさせることに加え、さらにひどいロボット化ももたらすナノチップを通してもそうだ。この全てに、さらには増大する止まらない監視、日常のあらゆる行動、ふるまいの変更も見られる。
だがその上に、特に携帯の技術や5Gネットワーク、その他の最先端の技術において、日増しに増大する電磁波汚染については、何が言えるだろうか?はたして人々は、過剰かつ常習的に携帯が用いられた際に引き起こす、恐ろしい疾患について知っているのか?
それらが引き起こす害について情報を得ている者がごく少数であることは、疑いない。というのも、極端に高い電磁放射を用いており、腫瘍や、多くの人の生活を破壊している、増大する電磁場に対する過敏症を生む重大な危険を伴うからだ。
そのことが、私達の体の機能に干渉し、免疫やホルモンのシステムを調整するホルモンであるメラトニンの混乱を引き起こし、DNAを阻害する上に、取り返しのつかない形で悪影響を及ぼしている。
これらの恐ろしい被害に、無数の家庭にある有害な電子レンジが残す波動に満ちた食べ物を加味するなら、少しずつ地球全体が、世界的に危険なマイクロ波に由来する放射能の一種の檻に入れられることになる。
また日常的に莫大な量を受け取っている、あらゆる電気陰性度を適切にコントロールできないなら、私達を病ませる上に、私達が瞑想している時、あるいは平和や幸せ、内面的に落ち着いた状態にある時に放出する輝かしいエネルギーを害し、萎縮させることになる。これはエネルギー的な障害があることを意味し、私達の振動場や心のセンターが弱まり、現実から切断されるだろう。ではなぜ、人間、地球、星の電磁波と太陽の相関関係が重要なのか?

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***

私達は、新たなパラダイム、もしくはいわゆるニューノーマル(新常態)ないしは新世界秩序の下で生きている。そのため、バカンスの休息が、大規模監視ビデオの対象と化してしまった。これはエリートが権力や支配力、操作能力を行使するべく課す無数の法令の下にあり、加えて私達が世界的な緊急事態にあり、いかなる瞬間にもパンデミック・ウイルスの第二波が起こりうると常に念を押している。
決定的に、言われること全てに従う社会的な家畜化と集団の中の阻害感という目的を持つ世界的な支配のメカニズムは、先例のない社会工学の演習であり、他方では偽のパンデミックが傀儡政府と共に、自由や食糧、何百万人もの仕事を破壊する役割を担っている。
だがはたして人々は、傀儡政府の裏表のある基準に気づけるくらいに、目覚めを達成できるだろうか?それとも、フェイクニュースを介して誤情報を伝え、MKウルトラに類似した絶え間ない洗脳へと私達を引きずり込む、権力を笠に着る統治者や保健当局の足下にひれ伏すのだろうか?
私達の人生を操作する者達は、心理の仕組みを知っており、意識が認識できない形で反応をプログラミングする術が判っており、私達を新しいバイオテクノロジーに基づく、新しい偽の宗教によって訓育されたディストピア社会に完全に陥らせている。これは、人間を改良し、オートマトン・サイボーグ・ロボットに変えようとする優生学を伴っている。では、他人の記憶に侵入し、洗脳する目的で作られたブルーバード計画については、何が言えるだろうか?あるいはまた、この全世界のロックダウンによって急増するビデオゲーム中毒については?そして、地球をコントロールするために作られたタビストック研究所に見られるような、解離させる影響を伴い、意識との分離を確立するために作られた、認識のコントロールの無数の秘密計画、たとえばMKウルトラやモナーク、PRISM等については、どうだろうか?
提供:アルシオン・プレヤデス

私達は極めて困難な移行の時代を迎えており、その中で私達は、光の意識の進化への道をたどるのか、あるいは人工知能と、これらの惑わせる技術がもたらす結果の方向へ行くのかを決めなければならない。
このことは、ソーシャルネットワークの発展をもって、次第に拡大しており、そこに危険で人間性を損なわせる多感覚の技術がもたらされつつあることに、人々は気づいていない。実際、人々はサイバネティクスや人工知能にはまっており、認知能力が低下し、遺伝的な進化が損なわれる深刻な危険にさらされている。最終的には、私達は完全にロボット化し、無感覚になり、感情、マインド、振る舞いにおいてひどく冷淡になるだろう。
これらの新たなAIの原型に、バイオテクノロジーやナノテクノロジー、トランスヒューマニズム、ブルー・ブレインやアバターといった計画を含めるなら、大衆が気に留めていない深刻な問題となる。それゆえ、世界権力の主達に唯一関心があるのは、コンピューターやタブレット、または最新型のI Padや携帯電話にしっかりと接続された、引きこもりの大衆を生むことであり、そうして私達をロボット化の罠に陥れ、私達の人生や脳を掌握しようとしている。
では、制御されたブロックの鎖をもつブロックチェーン、あるいは賢い送電網であるスマートグリッド、有害なマイクロ波の電磁気の周波数を放射している5Gについては何が言えるだろうか?もしくはウェアラブルの技術、すなわちスマートウェアやスマートブレスレット、スマートウォッチ、スマートグラスについては?それは別の電子機器と連結したチップを内蔵している。
なぜ魅力的な人工知能を用いたエリートのテクノクラートと神経科学は、人類をロボットのような無感覚な機械と化させようとそんなに急いでいるのか?

制作:アルシオン

数々の歴史家や考古学者、探検家らは、古代エジプトに存在する多くのことについて、現在まで解明できていない。壮大な悠久のエジプト全域に存在している、驚異的で巨大な像やオベリスク、ピラミッド、記念碑が、太陽や星のエネルギーの分野と密接に結びついており、住民達はそれらを利用する術を知っていた。
その壮大な文明の証拠として、地球最大の川、ナイル川沿い全域に散在する無数の都市・神殿の遺跡は、いかにして築かれたのか分かっていない壮大な文明の証拠となっている。
公式の科学は、数え切れない事柄を常に隠してきたことを思い出そう。その唯一の目的は、私達を無知なままにさせ、私達が地球全域で共有される無学と暗黒化に縛られることなのだ。
では常に語り継がれてきた、ミイラの呪いについては何が言えるのか?もしかしてエジプトは、未知の光のパワーによって維持されており、完全な正直さ、正しさの、極めて厳粛で、精神的なコスモスの正義の光に常に守られていたのか?ファラオ、ツタンカーメンの埋葬地、地下墓地の冒涜に係わった、何人もの科学者や考古学者等の異例の死の背後に何が存在するのか?
医学、天文学、星の整列、数学、工学において傑出した知識を有する民族…。
もしかして、それらの知識全てが、彼らの先祖、即ち古代エジプトの神々から受け継いた遺産であることを、彼らはよく知っていたのか?それらの神々は、何世紀も前に、シリウスあるいはオリオン座、またはプレヤデスそのものから下りてきたのであり、ギザのピラミッドや、同じく偉大な古来のスフィンクスの、星から来た設計者であったのか?

ビデオ制作:アルシオン

UFO現象やその乗組員に関連し、機密扱いされている一連のマテリアルに、真実の光をあてる時が来ていると説明することは、極めて重要だ。また、国際社会にとって大変な重要性を持つ、各国政府が伏せてきた闇の作戦や秘密計画についても、同じことが言える。
地球全域に、人間とつながりを持つ、コスモスを起源とする船が記録された無数の証拠が存在している。これはポジティブな方向に向けても、また別の実に欺瞞的な、闇の方に向けても、起こってきた。それが、この人種の行く末を変えたのだ。このドキュメンタリーにおいて、なぜ光の反対が、ひどい狡猾さをもって、その秘密主義を利用し、隠蔽のもとに人類に擬態してきたのかを理解できるだろう。そして古代のシュメールの時代から、アヌンナキやニビル、ネフィリム、トゥラン人、ペリシテ人、ヒッタイト人の側について、狡猾に偽装して潜入し、後に政府にまで入り込んで、現在まで至っている。
そのため、堕落が全ての場面において、あらゆる所に入り込んでいったのだ。数千年前から支配し、操っている背徳的な闇の力は、全ての人間にいわゆるエゴ・瘴気を生じさせる一方で、常に悪を栄養としてきた。そしてそれを達成するために、私達が元々持っていたDNAの12本の鎖を切除したのだ。
しかしながら、その失われた意識を取り戻すために、太陽系にも、地球にもより強く継続的に光子・光が届いている今や、その軽い周波数は、光の反対にとって耐えられないエネルギーとなる。それゆえ彼らは、できるだけ早くこの文明を滅ぼそうとあらゆる手段を講じてあがいているのだ。この文明に対するひどい陰謀をもって、食べ物に毒を盛り、水を汚染し、放射能漏れを起こし、またワクチンや病気をもたらして。というのも、彼らは自分達のものではない惑星を支配するために、宇宙からやって来た存在であるからだ。そして2012年が閉じてからは、星の連盟とのその不可避の協定ゆえに、彼らは現在までのその不快で不当な地球上での滞在の間に、彼らがこの惑星で行ってきた全てのことを開示しなければならないだろう。
だがはたして彼らは、全てを機密解除するだろうか?それとも、自分達の立場を危うくしないよう、現在行っているように、部分的な形でそれを行うのか?

制作 アルシオン

ルイ・パスツールによるワクチンの誕生以降、微生物や病原菌が病気の原因だと、常に信じ込まされてきた。そうしてその理念の下で、ワクチンや抗生物質、あらゆる種類の危険な化学薬剤が商品化されていった。
だが医師クロード・ベルナールのような当時の科学者らは、これらの理論が間違っていることを見出し、ワクチンの危険性や、また健康のための栄養状態や免疫システムの大切さについて知らせていた。ワクチンは、病気を予防する際に失敗してきたという証拠が存在する。しかし統計データの操作や宣伝のお陰で、人体を病気や死から守ると、大多数の人々を説得できた。
だがワクチンに出資しているのは、ロックフェラーやビル&メリンダ・ゲイツ、フォード等の財団、ロスチャイルド・グループであり、彼らは皆、人口削減という共通項を有する。様々な医師や科学の専門家、免疫学者らは、ワクチンが健康にとって必要ないばかりか、その毒性や重金属の存在、流産した胎児のDNAの残留物、その他の有害物質を示して、遺伝子の変化や腫瘍、病気、増加する喘息、ADHD、また神経障害、自閉症、自己免疫疾患、さらには死さえも引き起こし得ると証明した。では、これまで人間で試されたことのない、COVID-19に対する実験的な人工DNAの新しいワクチンについては、何が言えるだろうか?またコントロールのマイクロチップのような、量子のマイクロニードルの成分に彼らが含めたがっている、ルシフェラーゼの成分については?
あるいはおそらく、ワクチンと述べているが、ワクチンではなく、ハードウェア・ターミナルであり、それが体内に入れられ、私達の肉体の構造が変えられ、ハードディスクと化し、ソフトウエア・プログラムの受信機となって、クラウドとつながり、サイボーグ・ロボットあるいはトランスヒューマンと化すのか?その全ての背後にいるのは、何者なのか?

提供:アルシオン・プレヤデス

私達はあらゆる分野においてかなりデリケートな状況に陥っている。だが、地球規模で不安定にさせ、社会に大きな亀裂をもたらすために、エリートが行っている動きがあるとはいえ、他方では、日を追ってより多くの人々が、まだごく少数の人々しか知らない様々な秘密プログラムについて、見出し始めてもいる。それらについて、エリートはできるだけ早急に機密解除する義務を持つ。あるいは、それらが暴かれず、しっかりと隠されたその行動計画が沈黙を維持するよう、さらなる威嚇を模索しているのか?
それらの秘密プログラムの中に、南極大陸が秘める神秘が存在しており、南極では人工のピラミッドや、氷の下の淡水の湖、底の検知できない深い洞窟、トルコの海軍大将ピリ・レイスの、氷のない状態の古代地図と一致する広大な地域が発見されてきた。
もしかして、南極には地球を起源とする極めて進んだ文明があったのだろうか?あるいは多くの人が述べるように、それは地球外のものだったのか?はたして本当に、その内部には温かい一帯が存在し、エイリアンの基地を作るためにそこが使われたのか?
では、ナチスによって第二次世界大戦中に作られたプログラム、いわゆるペーパークリップ作戦と、これらの秘密基地とは、どのような関係があるのか?あるいはオデッサ・ネットワークと、バチカンや法王ピウス2世の協力は?ピウス2世こそが、当時より既に存在していた地球外生命との接触に関する全てを沈黙するよう命じた人物である。
だがナチズムの目的は、南米に拠点を置くことのみならず、また南極に基地を設置することや、同時に、さらに秘密の、謎めいたアーネンエルベという計画の創設や、同じくオカルト主義の結社トゥーレやブリルをもって、アーリア民族の神々とされる存在と接触することであったのだ。
はたして彼らは、本当にアーリア民族の神々である存在と接触し、交信することに成功したのか、それとも宇宙船を作る高度な技術や、同じく入り口を開けて瞬間移動できるトールのハンマーやベルを彼らに授けた、エイリアン達と接触したのか?.

ビデオ制作 アルシオン

SHOW MORE

Created 9 months, 1 week ago.

47 videos

Category News & Politics