chutexxx

chutexxx

chutexxx

subscribers

No#ドイツ啓蒙医師団 #コロナ調査委員会 #ACU2020

次の翻訳をお届けします。

拡散の際は下記のリンクを添えて下さい。
ソース動画 https://youtu.be/JvTauloRsPE
チャンネル「 Alles Ausser Mainstream Dr. Bodo Schiffmann」より

________________________
追記
訳中に反C活動団体でデモを行っている「水平思考」という名前が出てきます。
これはエドワード・デボノが「多様な視点から物事を見ることで直感的な発想を生み出す方法」として提唱した「Querdenken」の日本語訳です。Querdenkenとは正式にはLaterales Denken(英 lateral thinking)の俗語だそうです。
更に詳しくはWikipediaをご覧ください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%B9%B3%E6%80%9D%E8%80%83
________________________

8月1日にベルリンで大規模な反コロナ対策デモが予定されており、そのための基本知識として「コロナ騒動のこれまでの経緯」をシフマン先生が鋭い切り口でまとめてくださっています。
大事なことは一通りコンパクトにこれに詰まっているので、頭の整理にも役立つと思い、今回はこの動画を選びました。
ドイツ語だと簡潔、かつ理路整然としていて非常にわかりやすいのですが、日本語にすると逆にちょっとむずかしいかもです…今回は私の力不足かもですが、是非見て頂きたいと思います。
もちろん、データはドイツ連邦国に起こったことを中心にまとめられています(がこれは世界的アジェンダ”だそう”なので、どこの国でも大体基本の騙し構造は同じです)。

00:20:40あたりで「連邦議会からダウンロード出来るシナリオ」とありますが、これは5月に連邦内務省BMIの職員が独自に内部調査をし、現コロナ対策が不適切であることや、コロナ対策によって多大なる巻き添え被害(死者)も出ていることを突き止め、上司に送った83ページに渡るレポートのことです。
職員は「業務中に担当以外の仕事をした」「レポートに内務省エンブレムの入った紙を使った」ことを理由に免職されました。これに反発を覚えた野党はメルケル首相を問いただしましたが「政府はこの方が集めたのとは違うデータを見てるので」としれっと返事(これはYoutubeで見れます)。しかしこの職員は政府が取り入れているR.コッホ研究所のデータを照会しており、「政府が紹介している別のデータとはどれ?」という問に、政府はだんまりを決め込んでいます。
納得の行かない民間の側が、この職員のレポートをネットでDL可に。誰でもDL出来ます。

その他重要概要
・ ウィルスが特定の疾患の原因となっているかどうかを確認する「コッホの原則」をおうようした実験があるが、新型コロナウィルスに関してはこの検査は一度も行われていない
・ PCR検査はその不確実性から現在479種類あるが、同じ人物に同じ種類の検査が一定期間ほどこされてこそ、感染率増加かどうか言及可。今の「感染率増加」には関連付けして比較するための数字がない。(感染率増加は検査する人が増えたことで単純に得られる結果)
・ 消防出動数に見る「コロナ鬱の自殺件数」
・ 実際の、病院の病床稼働率
等々。

Dr. Bodo Schiffmann について
シフマン先生は、西南ドイツのSinsheimという街で原因不明のめまいに悩む患者さんを中心に個人診療所で治療にあたっています…つまり本当に病気に悩む患者と直接に向き合う実践の経験の深いお医者様です。

字幕翻訳: chutexxxNoneNonene

#ドイツ啓蒙医師団 #querdenken

『マスク義務からの解放』
ソース動画: https://youtu.be/-jwEkiZFud0

コロナ対策抗議団体 Querdenken(水平思考)を率いるミヒャエル・バルヴェグ氏のスピーチ。

・・・・・・・・・・・・・・
Querdenken xxx と数字が付いていますが、これはその土地ごとの市外局番を付けてドイツ全国を制覇するつもりです。
今、8月1日に予定されている大規模な総決算デモで「パンデミック終結」と連邦政府が責任を負うことを目指しており、"水平思考"は激しく活動中のようです。

#ドイツ啓蒙医師団

ソース動画:https://youtu.be/t5zFKjT8RTs(拡散の際はソース動画リンクを添えて下さい)
7月2日配信

概要
・ドイツでは強制ワクチンはない、と公言されてはいるが実は2012年から欧州での「感染病保護法」は改正され続けており、最終の改正は今年5月、「国民単位のパンデミックのときは強制もある」という解釈が可能(!)だと法律家ならば読み解ける内容になった。
・欧州では遺伝子操作は(表向き)禁止されているが、たった一つ例外で承認されているのはワクチン開発の場である。
・目下、計画されているワクチンは、従来の「弱めた抗体を投与」というものとは全く違うRNAワクチンであり、これによって我々の遺伝子は変えられてしまう(遺伝子組み換えされる)。
・政府が見当しようと画策している「免疫保持証明証」とは、ワクチンを打って病気にかからないという証明をしないと結果的には社会生活から排除されるという脅迫である。

字幕翻訳:chutexxx

#ドイツ啓蒙医師団

------------------------------------------
ACU 議会外C.調査委員会
http://www.acu2020.org/

啓蒙のための医師団
http://www.aerzte-fuer-aufklaerung.de/

寄付を見当してくださる方へ
寄付の際に Donation from Japan と記せば医師団の励ましになると思います。
彼らは財源との癒着のない活動をしており、全員がボランティアです。
ドイツ啓蒙医師団はこの活動を国際的にしていくことを望んでいます。よって、自由に拡散して下さい。
この動画に日本語字幕を付与して拡散する許可は医師団から直に頂いており、日本からも支援者が注目しだしていることを医師団は知って皆さんに感謝の意を述べています。

銀行振込:IBAN: DE 29 6106 0500 0600 0300 16
【受取人: „ACU“ – Dr. med. Walter Weber】

PayPal: [email protected]

字幕翻訳:chutexxx

SHOW MORE

Created 2 weeks, 4 days ago.

4 videos

CategoryHealth & Medical